Una and the Lion returns

In 2019, The Royal Mint launched The Great Engravers, a new collection honouring prominent artists from the mint’s past. The first in the series is ‘Una and the Lion’, a coin of stunning artistry and beautifully intricate detail celebrating its engraver William Wyon, RA (1795-1851). For this edition, the coin was reverse engineered using dies remastered from the original and brought back to life using modern minting techniques. Struck in gold and silver and finished to the finest Proof standard, it both commemorates and breathes new life into the original coin.

Master engraver William Wyon
To this day, Wyon is revered by academics and collectors around the world as one of the finest engravers ever to have designed British coins. He is best-known for his many coin and medal portraits of Queen Victoria, who first sat for him at the age of 13 as a young princess. Her ‘Young Head’ portrait, approved for coinage in 1838, established him as one of the most highly regarded medallists of the Neoclassical style. This portrait is used on the obverse side of the commemorative five pound coin ‘Una and the Lion’ issued in 1839, celebrating young Victoria’s coronation at the age of 18 in 1837.

It is not surprising that this coin, encompassing a combination of Wyon’s artistry and the historically admired queen whose reign coincided with the height of the British Empire’s power, has been a favourite of generations of collectors. Earlier this year, a NGC65 grade 1839 Five Pound coin was sold for more than £620,000 at a Japanese auction, illustrating the status of the coin as a symbol of wealth and prestige.

Story and symbolism

Una and the Lion (1860), by William Bell Scott
Reverse view of Una and the Lion 2019 two-ounce gold proof

The literary design of ‘Una and the Lion’ derives from the English poem, The Faerie Queen, written by Edmund Spenser and first published in 1590. The allegorical work features many characters including female warriors, knights and dragons while highlighting various morals to promote ‘virtuous and gentle discipline.’ In the poem, Lady Una, a symbol of truth and the new Church of England, embarks on a mission to save her parents from a vicious dragon. Along the way she befriends a wild lion whom she disarms with her beauty and innocence and becomes her protector. In Wyon’s work, the image of Una represents Queen Victoria, the young ruler and head of the Church, calmly leading a strong nation symbolised by the lion. The Latin legend, ‘Dieige Deus Gressus Meos’ reads as a prayer for the young sovereign, translating to: ‘May the Lord direct my steps.’

Minting the coin
In 1810, a new facility had opened at Tower Hill (located on the River Thames in East London, the home of the Royal Mint from 1809-1967) equipped with steam-powered technology — a proud reflection of Britain’s industrial strength. While this enabled sophisticated coin production, Wyon was still required to recreate his magnificent design for the tiny die entirely by hand, an astonishing accomplishment for the period.

In reproducing his masterpiece for the 2019 release, an enlarged version of the pattern was used to create a 300mm diameter plastic mould. Then, Royal Mint craftsmen refined the intricate details, removing historical blemishes along the way. The new mould was then saved digitally before the die was cut and struck after meticulous hand-polishing.

Advanced machinery has brought the modern coin’s finish to new heights — while carefully preserving Wyon’s deft touch. On the obverse side is Queen Elizabeth II, designed by Jody Clarke. The coin’s renewal is both a technological masterpiece and proudly carries forward the history it holds within.

The 2019 edition issued a £5,000 gold proof 5kg coin with a diameter of 175mm, measuring the largest coin ever produced by the Royal Mint at the time. This was followed by a £2,000 gold proof 2kg coin, a £1,000 gold proof 1kg coin, a £500 gold proof 5oz coin, a £200 gold proof 2oz coin, and a £5 silver proof 2oz coin. Only one of the 5kg was produced and sold to an undisclosed buyer. The limited mintage has resulted in resale prices immediately tripling after launch, giving an indication that it is likely to emulate the cult-like following and sky-rocketing valuation of its 1839 predecessor.

Also part of this collection, the Commonwealth Mint produced an Alderney (Channel Islands) issue of £100 silver 1kg proof and £5 gold proof coins — both with a limited mintage of 400, the same as the original1839 Una. Additionally, the Commonwealth Mint issued a three-coin set of full, half-ounce and quarter-ounce gold sovereigns, and Hattons of London produced an Alderney £20 gold proof coin with a mintage of 63, and a £50 gold proof coin with a mintage of 20.


ウナとライオンが蘇りました!

2019年、ロイヤルミントは当局で過去に活躍した技術者を賞賛する「グレート・エングレーバーズ(偉大なる彫刻師シリーズ)」を発表しました。第一弾は巨匠ウィリアム・ワイオン(1795年―1851年)の傑作で、美しいディテールと芸術性に溢れたコイン「ウナとライオン」です。オリジナル版の型をリバースエンジニアリングで再現し、最先端の技術によって本源のデザインが見事に蘇りました。銀と金で鋳造され、最高基準のプルーフに磨き上げられた、オリジナルを讃える素晴らしいコインです。

彫刻師の巨匠、ウィリアム・ワイオン

今日まで、ワイオンは英国コインの彫刻師史上最も優れたアーティストの一人として世界中のコレクターや学者から賞賛されています。ヴィクトリア女王が13歳の王女だった頃から肖像を彫り、その後彼女の数多くのコインやメダルを製作した事で有名です。中でも「ヤングヘッド」の肖像が1838年貨幣に採用された事で、ワイオンはネオクラシック彫刻師の頂点に立ちました。この肖像は「ウナとライオン」の5ポンド金貨の表側にも使われ、18歳にして女王の座に就いたヴィクトリア女王の即位を記念して1839年に発行されました。

ワイオンの巧みな技による美しい仕上がりと、大英帝国の支配力のピークに君臨し、歴史上大衆に最も敬愛された女王とが合わさって構成されたこの希少なコインが、歴代のコレクターの心を奪ってきたことに不思議はありません。今年の春、日本のオークションで1839年NGC65グレードの5ポンド金貨が8,650万円で落札されたことも、コインが富と名声のステータスであることを体現しています。

「ウナとライオン(1860)」ウィリアム・ベル・スコット作 
ウナとライオン2オンス金貨プルーフ(2019裏側)

物語と象徴性

「ウナとライオン」のデザインにおける文学的背景には、英国の詩人エドモンド・スペンサーが1590年に発表した叙事詩「ザ・フェアリー・クイーン」があります。アレゴリーに富んだこの詩には女戦士や騎士、龍といった様々なキャラクターが登場し、物語を通して道徳や人としての規律を伝道しています。この中でウナは「真実」と「新しい英国国教会」を象徴した主人公であり、両親の住む城を襲った龍を退治すべく旅に出ます。道中、ライオンに食べられそうになりますが、ウナの美しさと純粋さに魅了され、ライオンは彼女の守護役を務めます。ワイオンは若い君主と教会の頭首であるヴィクトリア女王をウナに見立て、大英帝国を象徴したライオンを勇敢に率いる様子をデザインに描いています。ラテン語で記された言葉「主よ、私の道を導いてください」は、若い君主を励ます祈念のようにも読み取れます。

名作コインの鋳造

1810年にタワーヒル(ロイヤルミントが1809年―1967年まで所在していた西ロンドンの地)に新しい施設が建てられ、そこで英国の産業革命の恩恵の一つ、蒸気動力技術が始動しました。これにより鋳造工程が急激に発達したものの、細かいデザインにはまだ手作業が必要で、ワイオンが引き続き小さな型の表面に見事な彫刻を続けたことはこの時代において目覚ましい功績です。

この傑作を2019年に再現するにあたり、まずは原型のパターンを拡大し、直径300mmのプラスチックの型が作られました。次にロイヤルミント熟練職人達によって微細なディテールが施され、過去の傷やよれを払拭しました。新しい型をデジタル保存した後、ダイが刻まれ、入念な手磨き作業の後、圧印されました。現代の高性能の機械により、今世紀の仕上がりはこのコインを新たな高みへと導きましたが、ワイオンの器用な手先の跡は温存されています。表面はジョディー・クラーク氏がデザインしたエリザベス女王2世が飾っています。「ウナとライオン」の復活は鋳造技術の躍進の賜物であり、また誇りを持って過去の歴史を未来へと受け繋いでいます。

2019年のエディションでは当時のロイヤルミント史上最大のサイズである 直径175mm、£5000ポンド額面の5kg金プルーフが発行されました。さらに£2000ポンドの2kg金プルーフコイン、£1000ポンドの1kg金プルーフコイン、£500の5オンス金プルーフコイン、£200の2オンス金プルーフコインと£5ポンドの2オンス銀プルーフコインが発行されています。5kg金プルーフコインは一枚だけ作られ、未公表のバイヤーに購入されました。

限られた発行枚数であったことから発行直後の転売価格が3倍に高騰し、今後も1839年のオリジナルのような圧倒的な人気と高額な価値評価を得ていく可能性を既に示唆しています。本コレクションにはコモンウェルス・ミントによるアルダニー発行のラインもあり、£100ポンド銀の1kgプルーフ、£5ポンド金のプルーフをそれぞれ1839年のオリジナルと同じ400枚出しており、金の1オンス、1/2オンス、1/4オンスから成る3つのコインセットも発行しています。また、ハットンズ・オブ・ロンドンからは、アルダニー£20ポンド金プルーフ(63枚)、£50ポンド金プルーフ(20枚)が発行されています。